メニュー

「クラウドをもっと身近に、もっと便利に」サニークラウドは、AWSの構築・導入支援~運用保守をワンストップでご提供いたします。

基幹システム移行

カトーレック株式会社様

基幹システム移行

株式会社枻出版様

プロジェクト概要

「グローバルに、スピーディーに、そしてよりフレキシブルに」をモットーに、”物流(Logistics)”、”エレクトロニクス(Electronics)”事業を軸に、社会貢献としての文化事業(Culture)も手掛けるカトーレック株式会社様

Windows2003からWindwos2012へのマイグレーションを行うタイミングで、基幹システムを主要な業務用システムをAWSへ移行する事を決定した。

インタビュー

3年前からクラウドの利用は意識していた

クラウドの利用自体はいつ頃から検討されていたんですか?

数年前から海外拠点が増えていく中で、最初は各拠点にサーバを設置しシステムを稼働させていました。海外のデータセンタの利用の可能性もあったのですが、やはり検討の時間もかかりますし進出スピードを遅らせる訳も行かないので
ただ、そんな中、アジアで水害にあって。。。システム部として全力で復旧しましたが、手元にサーバを置く事自体のリスク、対災害対策の重要性を強く意識しました
東日本大震災もあり、国内システムはデータセンターへ収納しましたが、元々考えていた”環境を外に出す”上で盛り上がりを見せていたクラウドについても検討にドライブをかけることになりました


グローバルで利用出来る共通基盤を求めて、色々な比較を実施

弊社側がお話をお聞きした時には既にある程度絞り込みはされていましたね

そこから実際に色々なベンダーさんの海外データセンタ、クラウドサービスの話を聞いて色々な角度から検討しました。まずは先ほどお話した”グローバルでの利用が出来る事”、”対災害対策に繋がる事”は絶対で、そこに自社内システムの要素を絡めていきました。まずは、メールシステムやグループウェア等をSaasへの移行を実施し、クラウドのクセ等を習得していきました

御社内システムはパッケージももちろんですが、色々なプラットフォーム上で稼働してますからね

Oracleだったり、Windowsだったり、柔軟性、親和性も検討する上で非常に重要な要素でした


導入コンサルティングを経てAWSへの移行を決定

今回、導入検討の部分からご協力しております

AWS自体の良さは様々な事例を通して分かっていました。ただ、実際に移行するにあたってはどれくらいの効果があるか、またどこら辺がリスクになるのか、そこを具体化した上で”AWS移行しても大丈夫”という根拠が欲しかった。そこはサニークラウドさんに協力して頂いて助かりました。また、実際に構築・移行フェーズになった際に単純な移行で終わらずに、AWSノウハウや、標準化の部分も意識して実施してくれているのも非常に心強く思います


AWSに対応した新しいITガバナンス制定を行い、全体の標準化を目指す

本プロジェクトの目指す部分を改めて教えて下さい

そうですね、まずはAWSへの移行を無事に達成する事、それは一つの目標ではあるのですが、会社としてはこのプロジェクトを通して新しいITガバナンスの制定を行います。そして、サニークラウドさんにもご協力頂いて、基盤構築方針や設計書等、色々な標準化を進めて自社内のノウハウに昇華させていきたいと思います