みなさん、こんにちは。
サニービュー事業部の小寺です。

Amazon FSx File Gatewayがリリースされたので、どんなときに活用できるのか?お伝えします。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-fsx-file-gateway-caching/

■Amazon FSx File Gatewayとは

Amazon FSx File Gatewayは、AWS Storage Gatewayの新しいゲートウェイタイプです。オンプレミスのファイルサーバーを運用する代わりに、Amazon FSx for Windows File Serverでクラウドに保存されたデータにアクセスすることを支援することが目的です。

Amazon FSx File Gatewayはネットワークの最適化とキャッシュを使用するため、ユーザーとアプリケーションには共有データがオンプレミスにあるように見えます。ファイルサーバ上のデータをAmazon FSx for Windows File Serverへ移行した際に、オンプレミスのファイルサーバ管理を行うことなく、接続遅延や帯域幅などのトラブルに見舞われることもぐっと減るでしょう。

また、同じActive Directoryドメインのメンバーであれば、Amazon FSxファイルシステムをアタッチして、アプリケーションやユーザーにゲートウェイを介して提示することが可能です。ADについてAWSマネージドサービスのAWS Directory Serviceでホストすることも、オンプレミスで管理することもできます。

■Amazon FSx for Windows File Serverとは

本コラムでも何度か取り上げているAmazon FSx for Windows File Serverの特徴をおさらいします。過去の関連記事はこちら

SMBプロトコルをサポートします。クラウドにおけるネイティブなWindowsファイルシステムを提供し、クラウドまたはオンプレミスで実行されているWindows、Linux、macOSからアクセスすることができます。また、Windows Server上に構築されたAmazon FSx for Windows File Serverは、ファイルの復元、データの重複排除、Active Directoryの統合、アクセス制御リスト(ACL)を介したアクセス制御といった、さまざまな管理機能を提供するマネージドサービスです。

■Amazon S3 File GatewayとAmazon FSx File Gatewayの使分けは?

Amazon S3 File Gatewayでは、Amazon Simple Storage Service(S3)に保存されているデータにファイルとしてアクセスすることができます。また、オブジェクトベースのワークロードやアナリティクスを実行する際に使用するS3へのファイル取り込みや、オンプレミスのファイルに保存されているデータを処理するためのソリューションとなります。

https://aws.amazon.com/jp/storagegateway/より引用

 一方で、Amazon FSx File Gatewayは、ネットワーク接続型ストレージ(NAS)をクラウドに移行しながら、オンプレミスのユーザーが低遅延でシームレスにアクセスできるようにするソリューションです。SMBファイルプロトコルを使用する2つの汎用的なNASユースケースが含まれます。エンドユーザーのホームディレクトリと部門またはグループのファイル共有です。Amazon FSx File Gatewayは、複数のユーザーによるファイル共有をサポートし、アクセスコントロール、データ保護のためのスナップショット、統合バックアップなどの高度なデータ管理機能と連携できます。

https://aws.amazon.com/jp/storagegateway/より引用

一番の注目は、Amazon FSx File Gatewayとバックアップの統合です。Amazon FSx内で直接行われるバックアップと、AWS Backupによって管理されるバックアップを含みます。バックアップを開始する前に、Amazon FSx for Windows File Serverは、接続された各ゲートウェイと通信し、コミットされていないデータが確実にフラッシュされるようにします。この機能により、オンプレミスのファイル共有をクラウドに移行したとき、手間をかけずに運用できますね。

■料金

東京リージョンの場合、FSx File GW で時間当たり 0.69 ドル費用がかかります。さらに、Amazon FSx for Windows のストレージコストもかかります。

利用料金は英語にしないと表示されません。(2021/5/4時点)

■対応リージョン

Amazon FSx for Windows File Serverを利用可能なすべての商用AWSリージョンにて利用可能です。
AWS GovCloud(米国西部)およびAWS GovCloud(米国東部)リージョン、中国(北京)および中国(寧夏)リージョンでも利用できます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

SunnyCloudでは、AWS移行、構築、運用保守、リセール(請求代行)サービス等様々なサービスを提供しています。

▼「無料相談」受付中です。
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/