ソリューション概要

データの集約・分析・可視化は、あらゆる企業のデジタルトランスフォーメーションのはじめの一歩として取り組みがなされています。しかしながら、分析に必要なデータは通常複数のシステム(SFA、CRM、基幹システム等)に分散しており、その集約作業、データ結合作業(正規化)、可視化においては、多大な負荷とコストが発生するものでした。
また、オンプレミス環境でデータ基盤を整えようとした場合、増え続けるデータの蓄積だけではなく、あらゆるシステムとの結合性の確保、肥大化するデータウェアハウスのパフォーマンス維持、データ利用者増加に伴う分析ツールのライセンス費用増加など、様々な問題が発生していました。
SunnyCloudのデータ基盤・分析ソリューションは、クラウドの特性を活かし、低コストで拡張性の高いデータレイクの実現、自動化されたデータ正規化、フルマネージドのデータウェアハウス、低コストで使いやすい可視化基盤の提供を実現し、あらゆるお客様のデジタルトランスフォーメーション推進をご支援いたします。

AWSアーキテクチャ概要

  • AmazonS3により大容量データを低コストで蓄積可能
  • GlueやEMRにより前処理(整形)が必要なデータを処理してS3に再格納可能
  • DWHであるRedshiftにデータを格納し、様々な分析ツールからのアクセスを可能
  • S3上にあるデータは、Athenaを活用することで直接分析(SQL発行)が可能
  • Quicksightを利用することで、RedshiftやRDSに加えて、Excelや各種SaaSサービスが持つデータの可視化が可能

Quciksightの特徴

  • AWSの提供するフルマネージドBIサービスで、インフラ管理が不要
  • 高速SPICEエンジンにより、大量データを高速で分析可能
  • AWSの各種サービスだけではなく、SFDCやその他の様々なデータソースに接続可能
  • 1ユーザ、最小1か月5ドルから利用可能
  • 様々なアプリケーションにデータ配信することが可能

関連する導入事例

株式会社小泉様

小泉グループでは、積極的なAWS活用を進めています。その中でも、Quicksightを利用したデータ可視化は、短期間・低コストで当社のDXを進めた良い事例となっています。

ソフトウェアメーカー様

これまではExcelで複雑な集計を行っており、工数がかかる上に間違いも多く、信頼できない情報が多く社内流通していました。今は、Slackを通じ、いつでも必要な情報が取得できるようになりました。