サービス概要

シンプルな静的Webサイト利用から基幹業務システムとしてのエンタープライズ基盤、オンプレミスとのハイブリッド基盤まで、
Well-Architectureに基づいた最適なAWS基盤を構築します。

AWS Well-Architectureに基づくAWS基盤の特徴

01

運用上の優秀性

  • バッチ運用・バージョンアップ運用の自動化
  • 柔軟なデプロイ計画の実現

02

セキュリティ

  • 異常な構成変更の自動検知と自動復旧
  • 人手を介さず、完全自動化された機密重要データの処理
  • 機械学習によるセキュリティインシデントの早期検知

03

信頼性

  • AWSマネージドサービスをフル活用することによる可用性の向上
  • イベントに基づく復旧の自動化
  • Multi-AZ、マルチリージョンを活用したワールドワイドでの可用性の獲得

04

パフォーマンス効率

  • 機械学習を活用することでコストパフォーマンスを最適化されたインスタンス
  • サーバーレスにより必要なリソースを必要なだけ利用
  • ワークロードに合わせたアーキテクチャの採用

05

コスト最適化

  • API Gateway + Lamda やFargateの利用による適切なコスト管理
  • インスタンスコストの最適化

AWS構成事例

三層構造

コンテナ化

AWS環境構築事例

自社サイト、キャンペーンサイトなど
小規模なWebサイト環境の構築

  • S3 + CloudFrontによるLP公開
  • WordPressのオールインワンパッケージとして
    LightSail
  • WordPressのカスタムが必要の場合はBeanstalk

大量のアクセスが想定される・パフォーマンス・
可用性・耐障害性の高いシステム基盤の構築

  • ECS or EKS + Fargateを利用した高可用性と低コストを
    実現したシステム
  • AutoScalling +EC2

オフ・ピークの差が大きいシステム基盤の構築

  • CloudWatch Events + CloudFormationを利用した
    一時的なシステム拡張
  • スポットインスタンスを利用した一時的な環境の
    低コスト運用

BCPに基づくグローバルな環境基盤の構築

  • Auroraグローバルデータベースを利用したマルチ
    リージョンでのデータベース展開
  • CloudFormation + CodeDeploy + Opsworksを利用した
    高速DRサイト展開
  • S3を使ったマルチリージョンバックアップ
  • Cloud Endureを利用した継続的な
    インスタンスレプリケーション

既存オンプレミス環境とのハイブリッドな
システム環境の構築

  • DMS or DataSync or StorageGatewayを利用したオンプレAWSバックアップ
  • Transit Gatewayを利用した拡張性と柔軟性を持ったオンプレAWS間接続
  • Snowballシリーズを利用した大容量データをオンプレAWS転送
  • Glueを利用してAWS上にデータ統合
  • Outpostsを自社DCに設置して、AWSサービスをオンプレ化

サーバーレスプラットフォームの構築

  • API Gateway + Lamdaによる大規模ゲームプラットフォーム
  • Cognitoを利用したサーバーレス認証基盤
  • AWS Batchを利用した低コスト・大容量・高速なバッチ実行基盤
  • Stepfunction + Lambdaを利用した複雑なバッチ実行環境
  • AppStreamによる社外から社内システムへの安全なアクセスの実現
  • Kinesisシリーズを利用したストリーミングデータの
    リアルタイム解析
  • リコメンドエンジンとしてのPersonalize
  • FSx for WindowsによるフルマネージドWindows
    ファイルサーバー
  • Connectを使ったCTIシステム
  • 画像・動画解析エンジンとしてのRekognition