先週のアップデートでインターフェース型の S3 VPC エンドポイント(PrivateLink)が GA になりました!

https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/aws-privatelink-for-amazon-s3-now-available/

従来までも Gateway 型と呼ばれるタイプの S3 用 VPC Endpoint は利用できましたが、S3 の PrivateLink については re:Invent 2020 まもなくリリース予定とアナウンスされていました。このリリースで利用が可能になりました。

■どのようなケースで役立つか

考えられるケースはいくつかありますが、オンプレミスから専用線や Internet VPN 経由で Amazon S3 が利用できるようになったことに大きなメリットがあります。

■PrivateLink for S3のGateway型とInterface型の違い

PrivateLink for S3には、インターフェース型とゲートウェイ型があります。以下の表に違いをまとめてみました。
また、今回のアップデートで S3 VPC エンドポイントは唯一、ゲートウェイ型とインターフェース型、両方の VPC エンドポイントを持つサービスになりました。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/userguide/privatelink-interface-endpoints.html より

■対応リージョン

全てのリージョンで利用ができます。