みなさん、こんにちは。Amazon Route 53 を使ったことはありますか?Route 53 はDNS (ドメインネームサービス)のフルマネージドサービスです。
Amazon Route 53 で管理しているドメインを参照し、レコード(IP アドレスなど)に紐づくデータを取得することができます。

■ Amazon Route 53 とはどのようなサービスか

Amazon Route 53 は、信頼性が高く、費用効率に優れた方法でエンドユーザーに対してインターネットアプリケーションにルーティングできるウェブサービスです。
オンプレミスの場合は、DNS サーバーを構築し、DNS サーバー自体の運用も必要となりますが、Amazon Route 53 では、AWS マネジメントコンソールから簡単に操作・管理が行えます。

■ Amazon Route 53 は何ができるの?

Amazon Route 53 は下記の 3 点の機能を使用できます。

1) ドメイン登録機能

ウェブサイトには、アクセスするためのアクセス先(住所)として "sunnycloud.jp" のような名前があり、これをドメイン名と呼びます。
このようなドメイン名を、Amazon Route 53 に登録することで、Amazon Route 53 で "sunnycloud.jp" のドメインを管理・運用することが可能となります。

2) DNS ルーティング機能

ウェブサイトにアクセスするには、ブラウザのアドレスバーに、ドメイン名 "sunnycloud.jp" または サブドメイン名  "www.sunnycloud.jp" を入力することで、Amazon Route 53 がブラウザに対して、アクセスしたドメインに紐づく情報の受け渡しを行い、ウェブサイトの表示またはウェブアプリケーションに接続するための支援を行います。

3) DNS ヘルスチェック機能

Amazon Route 53 の DNS ヘルスチェック機能では、ウェブサーバーなどのリソースの正常性を監視することができます。必要に応じて、ヘルスチェックに失敗した際に、Amazon CloudWatch アラームの通知を受ける設定も可能です。この機能により、DNS エンドポイントのリソースが非正常な状態であることに気づくことも Amazon Route 53 でできるため、何か問題があった際のダウンタイムを削減することが可能です。

■ ドメインの登録について

新しく取得したいドメイン名 (たとえば URL が https://sunnycloud.jp の場合は、sunnycloud.jp という部分) を、Amazon Route 53 上で管理するドメインとして登録することが可能です。
たとえば、他のレジストラですでに管理しているドメインでも、基本的には Amazon Route 53 にドメイン移管することが可能です。

Amazon Route 53 に登録できるドメインでは “登録または移管ができない制約” があるため、登録前または移管前には、下記の公式ドキュメント[1]をご参照いただくことをお勧めいたします。

[1] Amazon Route 53 に登録できるドメイン – Amazon Route 53

なお、一度ドメイン名を登録した後は、ドメイン名は事後変更できないため、ご注意ください。

■ 登録できる DNS レコードタイプについて

Amazon Route 53 で登録できる DNS レコードには、下記のタイプが可能です。

・A レコードタイプ
・AAAA レコードタイプ
・CAA レコードタイプ
・CNAME レコードタイプ
・DS レコードタイプ
・MX レコードタイプ
・NAPTR レコードタイプ
・NS レコードタイプ
・PTR レコードタイプ
・SOA レコードタイプ
・SPF レコードタイプ
・SRV レコードタイプ
・TXT レコードタイプ

特に、Amazon Route 53 の “エイリアスレコード” と呼ばれる DNS 機能は非常に便利です。たとえば、すでに Amazon S3 (クラウドストレージサービス) のリソースが、Amazon Route 53 と同じ AWS アカウントに存在する場合、CNAME レコードの値としてを簡単に AWS リソース (Amazon S3 バケットなど) を設定すること可能です。

■ ルーティングポリシーについて

Amazon Route 53 にて一般的によく利用されるルーティングポリシーは下記となります。

・シンプルルーティング
基本的なルーティングはこの設定になります。標準の DNS レコードを設定でき、たとえば “sunnycloud.jp” のウェブサイトに対して、特定の IP アドレスを設定することが可能です。なお、同一レコードに複数の値 (複数の IP アドレスなど) を指定することが可能です。

・フェイルオーバールーティング
プライマリレコードとセカンダリレコードでトラフィックのルーティングを振り分けることができます。クエリとして Amazon Route 53 がルーティングするのは、正常なプライマリリソースのみです。すべてのプライマリリソースにて、異常が発生した場合は、DNS クエリへの応答として、正常なセカンダリリソースのみにルーティングします。

・位置情報ルーティング
ユーザーの物理的な場所に対して、トラフィックをルーティングすることができます。たとえば、シンガポールからのリクエストを、シンガポールリージョンのリソース(Amazon S3 や ALB ロードバランサーなど)に振りわけることが可能です。具体的には、IP アドレスを位置情報にマッピングすることによって動作します。特にグローバルでワールドワイドなビジネス展開する場合に適しています。

・レイテンシーに基づくルーティング
複数のリージョンでビジネス展開している場合に、ネットワークレイテンシーが最も低い AWS リソース(リージョン)に対して、ルーティングすることによって、より低いレイテンシーでサービスを提供することが可能です。

・加重ルーティング
単一のドメイン名、たとえば “sunnycloud.jp” または 単一サブドメイン “www.sunnycloud.jp” に対して複数のリソースを設定可能です。用途として、負荷分散以外にソフトウェアのバージョン別に振り分けテストを行う、または AB テストなどで利用されます。たとえば、重み付けの設定として、A というルーティングは “1” 、B というルーティングは “2” などで、振り分けすることが可能です。

■ ホストゾーンについて

ホストゾーンとは、ドメインおよびサブドメインのトラフィックのルーティングする方法についての情報を保持するコンテナを指します。

ホストゾーンには、下記の 2 種類があります。

1) パブリックホストゾーン
パブリックホストゾーンには、インターネット上でどのようにルーティングするかを指定する DNS レコードが含まれます。

2) プライベートホストゾーン
パブリックホストゾーンには、Amazon VPC 内でどのようにルーティングするかを指定する DNS レコードが含まれます。

パブリックホストゾーンはインターネット上における DNS ルーティングを行うことため、一般的によく利用されます。
一方で、セキュリティ要件が高く、インターネットの外向けへの制限があるビジネスで、Amazon VPC 内部ネットワーク内で DNS ルーティングを行いたいユースケースもあります。その場合は、プライベートホストゾーンで、ドメイン登録することで達成できます。

■ ホストゾーンとレコード用のドメイン名の形式

ホストゾーンおよびレコードの場合、ドメイン名には、スペースを除く ASCII 文字を使用することが可能です。

a~z
0-9
-(ハイフン)
! ” # $ % & ‘ ( ) * + , – / : ; < = > ? @ [ \ ] ^ _ ` { | } ~ .

大文字または小文字、あるいはエスケープコードで対応する文字を指定するかに関係なく、Amazon Route 53 は英字小文字 (a~z) としてデータを格納します。

■ ドメイン移管について

他のレジストラですでに管理しているドメインを Amazon Route 53 にドメイン移管することが可能です。
ただし、移管手順としては慎重に行う必要があるため、公式ドキュメントを参考にしながら、移管作業を行うことが必要です。詳細につきましては、下記のドキュメント[2]をご参照ください。

[2] ドメイン登録の への移管Amazon Route 53 – Amazon Route 53

■ まとめ

いかがでしたでしょうか。
Amazon Route 53 はいろんなビジネスシーンまたはユースケースによって、さまざまな機能を提供していることがわかりました。
さらに、可用性と拡張性が非常に優れているため、安心してご利用いただけます。簡単にご利用いただけますので、まずはみなさん使ってみましょう。

SunnyCloudでは、DNSやファイルサーバをAWSへ移行したい!というAWS移行支援や構築支援などの様々なソリューションを提供しています。

▼「無料相談」受付中です。
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/