みなさん、こんにちは。サニービュー事業部の小寺です。
今月、Amazon MemoryDB for Redisがリリースされました。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/08/amazon-memorydb-redis/

Amazon MemoryDB for Redisとは

Amazon MemoryDB for Redisは、Redisを永続的なデータストアとしても使えるインメモリDBサービスです。

データの耐久性と高可用性を備えた、高いパフォーマンスが求められるアプリケーションを、簡単かつ費用対効果の高い方法で構築することができます。

Amazon MemoryDB for Redisでは、すべてのデータがメモリに保存されるため、低遅延で高スループットのデータアクセスが可能になります。

・MemoryDB を単一のプライマリデータベースとして利用できる
・複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にまたがるデータを保存する分散トランザクションログを使用して、高速フェイルオーバー、データベースリカバリ、およびノードの再起動ができる
・オープンソースの Redis との互換性を維持

ElastiCache for Redisとの違いは

今までのElastiCacheをデータベースメモリとして利用する場合、キャッシュとデータベースとの同期を維持するため、アプリケーションにカスタマイズしたコードが必要でした。コスト面でも、キャッシュとデータベースの両方を実行するケースでは割高になっていました。

その課題を解決するのが、MemoryDBです。

MemoryDB は、データの耐久性、およびマイクロ秒の読み取りと一桁ミリ秒の書き込みレイテンシーを提供するため、アプリケーションのプライマリデータベースとして安全に利用できます。
MemoryDB を使用すると、インタラクティブなアプリケーションやマイクロサービスアーキテクチャに必要な低レイテンシーを実現するために、データベースの前にキャッシュを追加する必要はありません。

ElastiCache は読み取りと書き込みの両方にマイクロ秒のレイテンシーを提供します。これは、既存のデータベースからのデータアクセスを高速化するワークロードのキャッシュに最適です。
ElastiCache は、データ損失が許容される可能性があるユースケース (例えば、別のソースからデータベースをすばやく再構築できる場合など) のプライマリデータストアとしても使用できます。

Amazon MemoryDB for Redisを起動するには

1) AWSマネジメントコンソールから「Amazon MemoryDB for Redis」コンソールへ移動します。

2) VPCのセットアップができたら、「クラスター作成」をクリックします。
「新しいクラスターを作成」として、クラスター名を入力します。

サブネットグループの設定を行います。

MemoryDBはElastiCacheの「クラスターモード」しか存在しないため、
シャードの数とシャードあたりのレプリカ数を入力しましょう。

次の詳細設定画面では、セキュリティグループ、スナップショット、メンテナンスウィンドウ、タグの設定を行い、作成ができます。

対応しているノードタイプ

対応しているノードタイプは、 R6g Graviton2 インスタンスのみです。

Memory Optimized Nodes vCPU Memory (GiB) Network Performance (Gbps)
db.r6g.large 2 13.07 Up to 10
db.r6g.xlarge 4 26.32 Up to 10
db.r6g.2xlarge 8 52.82 Up to 10
db.r6g.4xlarge 16 105.81 Up to 10
db.r6g.8xlarge 32 209.55 12
db.r6g.12xlarge 48 317.77 20
db.r6g.16xlarge 64 419.09 25

利用料について

MemoryDB for Redisの料金については、以下の2つに分かれています。最新情報はこちら
・ノードの利用料
・データ書き込み($0.20/GB)※GAになった4リージョンは同じ値段です。

対応リージョン

現在は、以下の4つのリージョンに対応しています。
・米国東部 (バージニア北部)
・欧州 (アイルランド)
・アジアパシフィック (ムンバイ)
・南米 (サンパウロ)
また、近日中には、さらに多くの AWS リージョンで利用可能となる予定です。

まとめ

Amazon MemoryDB for RedisがGAになったので、概要についてお伝えしました。
Amazon MemoryDB for Redisの特徴です。
・MemoryDB を単一のプライマリデータベースとして利用できる
・複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にまたがるデータを保存する分散トランザクションログを使用して、高速フェイルオーバー、データベースリカバリ、およびノードの再起動ができる
・オープンソースの Redis との互換性を維持

東京リージョンでも利用できるようになるのも、そのうちですね。