みなさん、こんにちは。サニービュー事業部の小寺です。今日は、Amazon Linux2をご利用いただいているお客様向けのご案内です。

Amazon Linux2のサポート延長について

Amazon Web Services社より、Amazon Linux2のサポート期間を延長する発表があり、Amazon Linux 2のサポート終了日が1年間延長されましたのでお知らせさせていただきます。

【変更前のサポート終了日】2023年6月30日
【変更後のサポート狩猟日】2024年6月30日

現在ご利用のEC2インスタンスにAmazon Linux 2のものがある場合には、
Amazon Linux 2のサポート終了日である2024年 6月30日までにAmazon Linux 2022(2022年の後半に一般提供開始予定)への移行をご検討をお願いいたします。

なお、次世代のAmazon LinuxであるAmazon Linux 2022 (AL2022)については以下の通りです。

Amazon Linux 2022 (AL2022)

Amazon Linux 2022 (AL2022) は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) の次世代の Amazon Linux です。 このサービスは、セキュリティ重視の、安全で高性能な環境とのことです。
・2022年の後半に一般提供開始(GA)となる予定
・新しい Amazon Linux メジャーバージョンは 2 年ごとに利用可能になり (AL2022 を含む)
・各メジャーバージョンのサポート期間は5年間を予定
AL2022 は現在、すべての商用リージョンでプレビューで利用可能であり、追加料金なしで提供されます。

Q:Amazon Linux 2 のサポートはいつ終了するのですか?
A.Amazon Linux 2 のサポート終了日 (EOL、End of Life) は、Amazon Linux 2022 への移行に十分な時間を提供するために、
2023年6月30日から2024年6月30日に1年間延長されました。Amazon Linux 2022 の一般利用可能なリリースは、今年の後半に予定されており、5 年間サポートされる予定です。

【参考URL】
https://aws.amazon.com/jp/amazon-linux-2/faqs/

上位バージョンへのアップグレードについてご相談がございましたら、弊社の担当営業やこちらまでご相談くださいませ。