こんにちは。
”Sunny Cloud”を提供する株式会社アイディーエスのWebマーケ担当です。 

AWSのプロフェッショナル集団であるSunnyCloudには、AWS認定資格を保有するAWSエンジニアが多数在籍しております。
現在AWS認定は全12種類。本日はその全資格についてそれぞれの詳細と難易度を中心にご紹介します。

AWS認定資格とは?

AWS認定資格とは、AWSを提供するアマゾン社公式の認定資格です。
認定を受けることによって技術スキルとクラウドの専門知識を検証することができ、ビジネス成長やキャリアアップに活かすこともできます。

AWS認定資格とは、AWSを提供するアマゾン社公式の認定資格です。
認定を受けることによって技術スキルとクラウドの専門知識を検証することができ、ビジネス成長やキャリアアップに活かすこともできます。

(出展:AWS公式「利用可能なAWS認定」より引用)

基礎コースの資格は「クラウドプラクティショナー」、アソシエイトは「ソリューションアーキテクト」「SysOpsアドミニストレーター」「デベロッパー」の3つ、プロフェッショナルは「ソリューションアーキテクト」「DevOpsエンジニア」の2つが該当します。

専門知識認定としては、「高度なネットワーク」「セキュリティ」「Alexa スキルビルダー」「機械学習」「データアナリティクス」「データベース」の6つがあります。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ちなみに弊社のAWS資格保有実績です。↓
https://www.sunnycloud.jp/about-sunnycloud/

基礎コース(難易度:低)

クラウドプラクティショナー

基礎レベルの資格は「クラウドプラクティショナー」と呼ばれ、他の認定試験を受けるための条件とされています。クラウドプラクティショナーはAWS認定における入門編なので、難易度としてはこれからAWSを学びたいという初心者にもおすすめの資格です。

認定によって検証される能力

  • AWS クラウドとは何かということ、およびベーシックなグローバルインフラストラクチャについて定義できる
  • AWS クラウドのベーシックなアーキテクチャ原理を説明できる
  • AWS クラウドの価値提案について説明できる
  • AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明できる
  • AWS プラットフォームのセキュリティとコンプライアンスのベーシックな側面、および共有セキュリティモデルについて説明できる
  • 請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解している
  • ドキュメントや技術サポートのソースを特定できる (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど)
  • AWS クラウドにおけるデプロイと運用のベーシックで重要な特徴を説明できる

(出展:AWS公式「 AWS認定クラウドプラクティショナ― 」より引用)

アソシエイト(難易度:中)

ソリューションアーキテクト-アソシエイト

主に、1年以上のAWS実務経験のあるソリューションアーキテクト担当者を該当者としている試験です。より実践的な内容になってくるので、主要サービスは少し触ったことがあり概要のイメージがつくようになっていると比較的勉強がスムーズに進んでいくでしょう。

認定によって検証される能力

  • AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること
  • 顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること
  • プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること

(出展:AWS公式「 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト 」より引用)

SysOpsアドミニストレーター

主に、AWSを用いたシステムの開発・管理・運用の担当者を対象にした試験です。システムの運用についての内容が幅広く問われるため、ネットワークやセキュリティの運用に関するスキルの証明になります。

認定によって検証される能力

  • スケーラブルで、高可用性および高耐障害性を備えたシステムを AWS でデプロイ、管理、運用する
  • AWS との間のデータフローを実装および制御する
  • コンピューティング、データ、セキュリティ要件に基づく適切な AWS のサービスを選択する
  • AWS 運用のベストプラクティスの適切な使用方法を識別する
  • AWS の使用コストを予測し、運用コストコントロールメカニズムを識別する
  • オンプレミスワークロードを AWS に移行する

(出展:AWS公式「 AWS認定SysOpsアドミニストレーター-アソシエイト 」より引用)

デベロッパー

主に、AWSベースのアプリケーションの開発・保守に関する知識や技能を証明する資格です。ソリューションアーキテクトに比べると出題範囲が限定的なので、難易度は比較的易しいと感じる場合はあるかもしれません。

認定によって検証される能力

  • AWS の主要なサービス、使用方法、AWS の基本アーキテクチャのベストプラクティスについて理解していること
  • AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していること

(出展:AWS公式「 AWS認定デベロッパー-アソシエイト 」より引用)

プロフェッショナル(難易度:高)

ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル

ソリューションアーキテクト プロフェッショナルは、ソリューションアーキテクト-アソシエイトの上位資格です。2 年以上のAWS実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

認定によって検証される能力

  • AWS で、動的なスケーラビリティ、高可用性、耐障害性、信頼性を備えたアプリケーションを設計し、デプロイする
  • 提示された要件に基づくアプリケーションの設計とデプロイに適した AWS のサービスを選択する
  • AWS で複雑な多層アプリケーションを移行する
  • AWS でエンタープライズ規模のスケーラブルな運用を設計し、デプロイする
  • コストコントロール戦略を導入する

(出展:AWS公式「 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル」より引用)

DevOpsエンジニア

SysOpsアドミニストレーターやデベロッパーの上位資格です。主に、AWS 環境のプロビジョニング、運用、管理において 2 年以上の経験を持つエンジニアを対象としています。

認定によって検証される能力

  • AWS で継続的デリバリーのシステムと手法を実装して管理する
  • セキュリティコントロール、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証を実装し、自動化する
  • AWS でのモニタリング、メトリクス、ログ記録システムを定義し、デプロイする
  • 高可用性、スケーラビリティ、自己修復機能を備えたシステムを AWS プラットフォームで実装する
  • 運用プロセスを自動化するためのツールの設計、管理、維持を行う

(出展:AWS公式「 AWS認定DevOpsエンジニア」より引用)

専門知識(難易度:高)

セキュリティ

セキュリティ資格は、AWS上のセキュリティに関する専門知識が問われます。認定を取得することで、AWS におけるデータ保護メカニズムや、データ暗号化メソッド、セキュリティの運用とリスクについての理解の証明ができます。セキュリティソリューションの設計と実装の経験、AWS でのワークロードのセキュリティコントロール知識といった、幅広いセキュリティ知識が必要となるため、それなりの実務経験者でなければ、対策は高難易度になってくると思います。

Alexa スキルビルダー

Alexa スキルビルダー資格はAlexa スキルビルダーとしての役割を担当する方を対象としており、Alexa スキルを構築・テスト・公開するための能力を検証する試験となっています。Alexa Skills Kit を使用して Alexa スキルを構築した経験、複数のプログラミング言語の熟知など、専門スキルの中では比較的難易度は低めとなっています。

高度なネットワーキング

高度なネットワーキングは複雑なネットワークタスクに携わる方向けの資格です。AWS を使用してクラウドベースのソリューションを設計、開発、デプロイし、ツールを活用してAWS のネットワークタスクを自動化することが出来、AWS のすべてのサービスで使用するネットワークアーキテクチャを設計および管理できることの証明になります。ネットワークソリューションのアーキテクチャの設計、実装の経験や、オートメーションスクリプトとツールの開発、IPv6 への移行に関する知識など、複雑なネットワーク技術が問われます。

機械学習

開発あるいはデータサイエンスの担当者向けの資格です。適切な ML アプローチを選び、その理由を説明できること。また、ML ソリューションの実装に適した AWS のサービスを選択することが出来、スケーラビリティ、コスト効率、信頼性、安全性に優れた ML ソリューションを設計し、実装が出来ることの証明となります。AWS クラウドでの ML/深層学習ワークロードの開発、設計、実行や、デプロイと運用のベストな技法を選択し、実行出来る知識と経験が必要となります。

データアナリティクス

データアナリティクスはAWS データレイクおよび分析サービスの専門知識を検証する資格です。AWS データ分析サービスを定義し、それらが相互に統合する方法を理解し、データライフサイクルに AWS データ分析サービスがどのように適しているかを説明出来る能力の証明となります。AWS のサービスを使用して分析ソリューションを設計、構築、保護、および保守する経験、専門知識が求められる内容となります。

データベース

AWS のデータベースサービスを幅広くカバーした専門知識を検証する資格です。AWS データベースサービスの各主要機能と、それぞれの違いを理解し、AWS のサービスを使うデータベースソリューションを、適切に提案および設計するための、必要事項と要件を分析出来る能力の証明になります。オンプレミスと AWS クラウドベースでのリレーショナルおよび非リレーショナルデータベース業務に関する経験と専門知識が求められます。


いかがでしたか?
Sunny CloudはAWSのプロフェッショナル集団として、AWSエンジニアの育成にも力を入れて取り組んでいます!
AWSのご相談は、ぜひSunny Cloudへ。どんなご相談でもお待ちしております。

▼「無料相談」受付中です
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/