サニークラウドは、2021年8月24日に、「 AWSの運用コストの削減と自動化 」 ウェビナーを JIG-SAW株式会社 (以下、JIG-SAW)と共催いたしました。

AWS導入後の運用の自動化とコスト削減方法について具体的な事例を交えてお伝えしました。共通したテーマ「最適化」です。

当日の様子やセッション内容、また、次回のセミナー企画についてご紹介いたします。

開催結果

当初は100名の参加枠で申し込みを受け付けておりましたが、最終的に19名の方に事前エントリー頂きました。エントリーに対する参加率は63.1%です。

セッション内容

続いて、配信したセッションの登壇者と概要を紹介します。

<登壇者> (敬称略)             

田村 喜昭 :JIG-SAW株式会社
小寺 加奈子  : サニークラウド(株式会社アイディーエス)

<内容>

第1部 クラウド運用の成功の秘訣 ( JIG-SAW株式会社 )

このセッションでは、クラウド運用の最適化のために何が必要なのか?を解説いただきました。まず、クラウド運用は永続的な最適化ではなく、「最適化をし続ける」ことが必要です。永続的な「最適」はないので最初から「最適」であることを追求する必要はなく、「Observability」という考え方に基づき、アプローチをします。

最適化をし続けるには、安定稼働に必要な情報を常に収集し、ログ、トラッキング、メトリクスを通して何かあった際に、原因特定をすぐに行い、インシデントを改善することが一つの解になります。

JIG-SAW株式会社で提供されている「JIG-SAW OPS」をご利用いただくことで、最適化のためのモニタリング、アラート管理、インシデント管理など様々な課題が解決できます。

第2部 AWS運用自動化サービス、Sunny View Professionalのご紹介 (サニークラウド)

サニークラウドからは、AWSリセール(請求代行)サービス「Sunny Pay」の新サービスとして、「Sunny View Professional」の紹介を行いました。今までのAWSリセールサービスを「Sunny Pay ライト」とし、運用コスト最適化を行うための「Sunny View Professional」が利用できるサービスを「Sunny Payベーシック」として、ご提供予定です。

Sunny View Professionalをご利用いただくことで、AWS運⽤に⽋かせない様々なオペレーションを自動化することが可能です。インスタンスの稼働が不要な時間帯での自動停止、自動起動により、約30%ものコスト削減を実現します。
また、Sunny View管理ポータルから、インスタンス作成を申請し、承認されたインスタンスのみが起動するワークフロー機能により、ミスオペレーションを防ぎ、使い過ぎを防止することができます。

次回予告!9/15(水)オンライン開催】

次回ウェビナーについては、以下の通り開催いたします。