こんにちは。今日から2月ですね。

つい2ヵ月ほど前にAWS社よりAmazon RDS for MySQL バージョン 5.5のサポート終了が発表されたばかりでしたが、続いて5.6もサポート終了が発表されています。

■Amazon RDS for MySQL 5.6サポート終了日

UTC 協定世界時間の 2021 年 8 月 3 日 00:00:01 (2021 年 8 月 3 日 09:00:01 JST) です。コミュニティ MySQL 5.6 EOL (2021 年 2 月 5 日) と RDS for MySQL 5.6 EOL (2021 年 8 月 3 日) の間の期間は RDS for MySQL 5.6 のデータベースを稼働が可能です。
※ただし、2021年2月5日~2021年8月3日の間、データベースにはセキュリティパッチが適用されません。

■バージョンアップしないとどうなるか?

・現在から2021 年 8 月 3 日 00:00:01 UTC (2021 年 8 月 3 日 09:00:01 JST) の間
いつでも Amazon RDS for MySQL 5.6 インスタンスを、MySQL 5.7 または MySQL 8.0 にアップグレードできます。

・ 2021 年 4 月 1 日 00:00:01 UTC (2021 年 4 月 1 日 09:00:01 JST) 以降
AWS コンソールまたは AWS CLIよりMySQL メジャーバージョン 5.6 の新しい RDS インスタンスが作成できなくなります。 2021年8月3日の廃止予定日までに、MySQL 5.6 のスナップショットの復元や、バージョン 5.5 でリードレプリカの作成は引き続き行うことができます。

・ 2021 年 8 月 3 日 00:00:01 UTC (2021 年 8 月 3 日 09:00:01 JST)以降
直近の(次回の)メンテナンスウィンドウにて MySQL 5.6 インスタンスをバージョン 5.7 に自動的にアップグレードします。

・ 2021 年 9 月 1 日 00:00:01 UTC (2021 年 9 月 1 日 09:00:01 JST) 以降
RDSはメンテナンスウィンドウ中であるかどうか関係なく、MySQL 5.6 のデータベースをバージョン 5.7 に自動的にアップグレードします。

アップグレード作業時に、ご利用のアカウント宛てにメールでの事前通知等はございませんので、ご注意ください。

■アップグレードのご案内

AWSアカウントに登録されているメールアドレス宛に「Amazon RDS for MySQL 5.6 が 2021 年 8 月 3 日に廃止となります | Amazon RDS for MySQL 5.6 End-of-Life date is August 3, 2021 [AWS Account: XXXXXXXXXX]」件名のメールが届いているアカウントはアップグレード作業が必要になります。

■まだAmazon RDS for MySQL 5.5からアップグレードされていない方

まだ、5.5からアップグレードされていないかつAmazon RDS for MySQL バージョン5.7へのバージョンアップを予定される方はこちらを参考に2 月 9 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の 2021 年 2 月 9 日(火) 09:00:01)までの対応完了が必要です。

■MySQL5.7の新機能

以下リンクより確認することができます。
https://www.mysql.com/why-mysql/presentations/mysql-57-update-201802/

MySQL5.7は前バージョンからデフォルト値が変更になっています。
公式サイトにて、MySQL 5.5、5.6、5.7でデフォルト値が変更になったパラメータの一覧が、Excel形式で公開されています。

https://www.mysql.com/jp/why-mysql/presentations/mysql-variables-comparation-201702-ja/