みなさん。こんにちは。サニービュー事業部の小寺です。

Trusted AdvisorがLambdaにも対応しました!

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/03/aws-lambda-adds-four-trusted-advisor-checks/

■そもそもTrusted Advisorとは

Trusted AdvisorはAWS側であらかじめ用意されているベストプラクティスに基づき、現状の設定を自動的にをチェックしてくれます。またガイダンスも表示してくれるオンラインツールです。

推奨ベストプラクティスについて、5つのカテゴリに分けてレポートされます。

・コストの最適化
・パフォーマンス
・セキュリティ
・耐障害性
・サービスの制限

※Trusted Advisorのフル機能を使うためには、ビジネスサポートレベル以上のご利用が必要です。

■今回のアップデートのメリット

Trusted AdvisorがLambdaにも対応したことで、以下の4つのポイントがチェックできるようになりました。

・高いエラー率
過去 7 日間のエラー率が 10% を超える関数をチェックできます。

・過剰なタイムアウト
過去 7 日間のタイムアウト率が 1% を超える関数をチェックできます。

・非推奨 (または非推奨になりそうな) ランタイムの使用
非推奨とされたか、非推奨になりそうな関数ランタイムをチェックできます。

・単一の AZ での VPC 対応関数
単一のアベイラビリティーゾーンでのサービス中断に対して脆弱な VPC 対応の Lambda 関数をチェックできます。

いかがでしたでしょうか。対応サービスが増えてきたTrusted Advisor、ぜひ活用してみてください。