みなさん、こんにちは。

AWS未経験から、2021年2月にAWS ソリューション アーキテクト アソシエイト(SAA)を取得しました。

AWS認定資格の情報については、こちらの記事をご参照ください。
今日は、自身の勉強方法や感想を紹介します!

これまでの経歴
・入社5年目
・主にアプリ系の運用、開発を担当
・基本情報、応用情報などの資格を取得
・基盤周りやクラウドの実務経験は、ほぼ0

■試験概要
AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験
■対象:AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者
■認定によって検証される能力
・AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること
・顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること
・プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること
■推奨される知識と経験
・AWS のコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、データベースサービスの実践的な使用経験
・AWS のデプロイおよび管理サービスに関する実践経験
・AWS ベースのアプリケーションに関する技術的要件を特定、定義する能力
・提示された技術的要件を満たす AWS のサービスを特定する能力
・AWS プラットフォームで安全性と信頼性の高いアプリケーションを構築するために推奨されるベストプラクティスに関する知識
・AWS クラウドでのソリューション構築における基本的なアーキテクチャの原則に関する理解
・AWS のグローバルインフラストラクチャに関する理解
・AWS に関連するネットワーク技術の理解
・AWS で利用できるセキュリティ関連の機能およびツールと従来型サービスとの連携に関する理解

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

■使用した教材と勉強方法

[使用した教材と勉強方法]
・社内ですでに取得している先輩が作成した問題(約300問)
・書籍の問題集(英語)
https://www.amazon.co.jp/Certified-Solutions-Architect-Associate-Practice-ebook/dp/B07V5RLQFY
・Udemyの講座
https://www.udemy.com/course/aws-knan/
・AWS公式のドキュメントなど

SAAは幅広いサービスが試験範囲となるため、問題や選択肢に出てきたサービスを1つずつAWS公式の情報を見て勉強していきました。
特に、類似のサービス(機能)が複数提示された中から選ぶ問題が苦手だったため、「こういうユースケース/前提条件ならこのサービス(機能)」というのを纏めたノートを作っていました。こうして半年程少しずつ知識を貯めて、直前1か月くらいで問題を沢山解きました。

■受験してみての反省点

・AWS以外の知識も要求される
例えば、VPN周りの理解にはネットワークの知識が、Route 53の理解にはDNSサーバの知識があるとスムーズに理解できると思います。
基本情報、応用情報の知識が役に立った一方で、忘れていた点もありました。

・試験対策に寄りすぎてしまった。
合格を第一に目指すあまり、丸暗記してしまった部分もありました。
もっとハンズオンを実施し、サービスへの理解を深めておけば、
よりスムーズに知識が定着したと思います。

AWS公式からもハンズオン向けの資料が出ています。
これからSAAを目指す方にはおすすめです。⇒こちら

いかがでしたでしょうか。

Sunny CloudはAWSのプロフェッショナル集団として、AWSエンジニアの育成にも力を入れて取り組んでいます!
AWSのご相談は、ぜひSunny Cloudへ。どんなご相談でもお待ちしております。

▼「無料相談」受付中です
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/