みなさん、こんにちは。サニービュー事業部の小寺です。

AWSからInternet Exploler 11のサポート終了のお知らせがありました。
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/heads-up-aws-support-for-internet-explorer-11-is-ending/

AWS マネジメントコンソール、Amazon Chime や Amazon Honeycode などのウェブベースのサービス、または AWS のウェブサイトの他の部分 (AWS のドキュメント、AWS Marketing、AWS Marketplace、または AWS Support) へIE11からのアクセスが対象となります。

■サポート終了までのスケジュール

・2021年7月31日以降
新しい AWS マネジメントコンソールの機能とウェブページが IE 11 での動作保証をしなくなります。。AWS社からは既存の機能やページのために、IE 11 に固有のバグがあれば修正がされます。

・2021 年後半
今年の後半に IE 11 を使用して上記のサービスまたはページにアクセスすると、ポップアップ通知 (およびブラウザをアップグレードするように促すリマインダー) が表示され、「Chromium」ベースの「Microsoft Edge」や「Firefox」「Chrome」などの新しいブラウザーへのアップグレードへの促すメッセージも表示されます。

・2022年7月31日
AWSからIE11のサポートが完全に終了します。

■Microsoft社からのIE11サポート終了

Microsoft社もIE11のサポート終了を発表されています。
Internet Explorer 11 は Internet Explorer の最後のメジャー バージョンです。 Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは、2022 年6月15日以降、特定のオペレーティング システムのサポートを終了します。

IE11をご利用の場合、Microsoft Edge の Internet Explorer (IE) モードに移行することが推奨されています。Microsoft EdgeはInternet Explorerよりも高速かつ安全で、従来のウェブサイトやレガシーアプリケーションとの互換性があります。また、Internet Explorerモードを使うことでInternet Explorerベースのウェブサイトやアプリケーションにも対応ができます。

■今後AWSで利用できるブラウザ

ちなみに対応ブラウザ一覧は下記になります。
・Google Chrome 最新の 3 つの主要バージョン
・Mozilla Firefox 最新の 3 つの主要バージョン
・Microsoft Edge 最新の 3 つの主要バージョン
・Apple Safari (macOS 用) 最新の 3 つの主要バージョン

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
今後新たにリリースされるサービスでは、IE11がサポートされなくなりますので、注意が必要ですね。また、AWS社がサポートしているブラウザの中でもサポート対象は最新の3つの主要バージョンになるので、必要に応じてバージョンアップ等の対応を行いましょう。

SunnyCloudでは、AWSの運用のコストやリソースの負担を削減したい方に向けて「AWSの運用コストの削減と自動化」ウェビナーを開催いたします。

お申込みはこちら