みなさん、こんにちは。最近AWSという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。システムを運用する上でこれまでであれば自社でサーバーを設置し、管理者は特別な知識が必要でした。しかしAWSはクラウドコンピューティングであり、サーバーの設置や特別な知識が必要なく、システムの設置がずいぶん簡単になったのです。それではAWSとはどのようなサービスなのか、初めて使う時の手順をご紹介していきます。

1.AWSとは?

それではまずAWSとはどのようなサービスなのか、提供している会社は、オンプレミスとの違いは?など詳しく説明していきます。

・提供している会社
・サービス内容
・オンプレミスとクラウドコンピューティングの違い

1-1.提供している会社

AWSはAmazonが提供しているウエブサービスです。

1-2.サービス内容

さまざまなジャンルのクラウドコンピューティングがあり、これらをまとめてAWSと呼んでいます。AWSのサービスには、仮想ストレージや仮想データベースなど100以上の種類があり、ニーズにあったサービスを選ぶことができます。
また複数のサービスを同時に運用することも可能です。

1-3.オンプレミスとクラウドコンピューティングの違い

これまでサーバーといえば、会社などにサーバー機器を設置する必要あり、この方法をオンプレミスと呼んでいます。対してAWSはクラウドコンピューティングとよばれ、サーバー機器を用意する必要がありません。

サーバー機器を設置するのも、毎月運用するのにもコストが必要である他サーバー機器を設置するスペースが必要になります。さらに引っ越しをするとまたサーバー機器の設置のし直しが必要となります。

またサーバーの設置まで時間がかかることもあるデメリットもあるのです。しかしクラウドコンピューティングはサーバー機器が必要でないことから、これらのデメリットは全くありません。


オンプレミスクラウドコンピューティング
コスト初期費用が高い初期費用がいらないケースもあり
運営の自由度カスタマイズをしやすい運営の自由度は低い
サーバーの必要性必要不要
緊急時ユーザーが対応サービス会社が対応
工事必要不要
専門的な知識必要不要

2.AWSのメリット

AWSのメリットしては、以下のような点があげられます。

・導入時のコストが不要
・導入まで時間がかからない
・専門的な知識不要
・システムの増減が簡単
・課金は使った分だけ
・Amazonのサポート

2-1.導入時のコストが不要

システムを導入するためには、通常初期費用が必要です。システムによっては100万円以上必要になることもあるのですが、AWSは初期費用がかかりません。そのため導入まで時間をかけることはありません。

2-2.導入まで時間がかからない

新しくシステムを導入すると、1か月近くかかることが多いです。しかしAWSを利用すると導入まで10分ほどであることが多いです。このためAWSを利用すると業務の効率化を図ることができます。

2-3.専門的な知識不要

システムを開発する場合はそれ相応の知識が必要になります。しかしAWSは開発にかかわる知識がほとんど必要ありません。

2-4.システムの増減が簡単

仮想WEBサーバーや仮想ストレージなどスケールアップ、スケールダウンを簡単に設定することができます。そのため扱う情報量ああ急に変更になった場合でも対応することができます。

2-5.課金は使った分だけ

AWSはどのサービスを使う場合でも、初期費用は必要なく利用した分だけ支払いをすることになります。そのためコストの節約につなげることもできるのです。

2-6.AWSのサポート

AWSのサービスはフルマネージドであることが多く、開発から運用、メンテナンスまでする必要がなく、開発者の負担を減らすことができます。またトラブルがあった時もAWS側がサポートをするので安心です。

何か困ったことがあった時は、いつでもAWS側に問い合わせをすることもできます。

3.AWSのデメリット

・ランニングコストが変動する
・運用の自由具合が少ない
・メインテナンスがある

3-1.ランニングコストが変動する

AWSは従量課金制であるため、ランニングコストは毎月変動します。毎月コストを決めたいユーザーにはAWSは向いていません。

3-2.運用の自由具合が少ない

AWSは自社でサーバーを持たないことから、運用の柔軟性はオンプレミスと比べて低くなっています。細かく設定する技術があったり、カスタマイズをしたいユーザーはオンプレミスの方がマッチする可能性があります。

3-3.メインテナンスがある

AWSには定期的にメインテナンスがあり、インスタンスが止まってしまうことがあります。ユーザーの利用目的や状況によってはデメリットとなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。次回、続きをお届けします!

Sunny CloudはAWSの構築、移行、リセール(請求代行)サービス等のさまざまなソリューションを提供しています。
AWSのご相談は、ぜひSunny Cloudへ。どんなご相談でもお待ちしております。

▼「無料相談」受付中です
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/