みなさん、こんにちは。今日は、入社すぐにAWSクラウドプラクティショナーに合格!勉強方法や感想を紹介します!

AWS認定資格の情報については、こちらの記事をご参照ください。

[自己紹介]
・過去に1年程度、IT完全未経験から他社でインフラの運用管理として従事
・1年間学校でネットワーク、プログラミングについて学ぶ
・入社1年目
・CLF取得数日前に基本情報資格試験合格を知る
・クラウドの実務経験無し

AWS 認定 クラウドプラクティショナー試験は、AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。
その他の AWS 認定で扱われる特定の技術的役割からは独立しています。
アソシエイト認定または専門知識認定を取得するために推奨される任意のステップです。

認定によって検証される能力
・AWS クラウドとは何かということ、およびベーシックなグローバルインフラストラクチャについて定義できる
・AWS クラウドのベーシックなアーキテクチャ原理を説明できる
・AWS クラウドの価値提案について説明できる
・AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明できる
・AWS プラットフォームのセキュリティとコンプライアンスのベーシックな側面、および共有セキュリティモデルについて説明できる
・請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解している
・ドキュメントや技術サポートのソースを特定できる (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど)
・AWS クラウドにおけるデプロイと運用のベーシックで重要な特徴を説明できる

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-cloud-practitioner/

■使用した教材と勉強方法

・社内のSAAを取得している先輩社員から、各分野、サービスについて教えていただきました。
・AWS認定 資格試験テキスト AWS認定プラクティショナー
・個人運営の非公式問題集サイト

これといって特徴のある勉強方法ではありませんが、資格試験テキストを一度通しで読みつつ、先輩からサービスについて教えていただきノートに纏める&質問をして疑問点の解消を行いました。
その後、試験数日前から、問題集サイトで自身の知識の確認を行い、 問題を解くにあたって、正解の選択肢以外は何が間違っているのかを答えられるように意識しました。

■受験してみての感想・反省点

・英語が非常に苦手なのでピアソンVUEで日本語を選択し、受験しました。
・当たり前ですが、個人運営の非公式問題集サイトでは怪しい解答例があり不安が募った為、次回から出所が確かな問題集を解くことを心に誓いました。

いかがでしたでしょうか。

Sunny CloudはAWSのプロフェッショナル集団として、AWSエンジニアの育成にも力を入れて取り組んでいます!
AWSのご相談は、ぜひSunny Cloudへ。どんなご相談でもお待ちしております。

▼「無料相談」受付中です
https://www.sunnycloud.jp/contact-us/